日本矯正歯科学会臨床指導医(旧専門医)の価値とは

 
矯正歯科治療を受けるなら、日本矯正歯科学会臨床指導医(旧専門医)をおすすめする理由

それはただ単に取得のための試験が難しいからと言うわけではありません。実は専門医の資格は取ってからも不断の努力が必要とされます。ライセンスホルダーで有り続けるためには、5年ごとの更新試験に合格する必要がありますが、この更新試験が取得時と負けず劣らず非常に厳しいものなのです。

運転免許にしても更新制度はありますが、よほどのことがない限り普通に更新できます。医師や歯科医師の免許に至っては、一度取ったら一生ものですから、犯罪を犯さない限りは取り上げられることはありません。つまり多くの資格は、取得がかなり難しくても、その後はあまり努力がいらないものが多いのです。

ところが、日本矯正歯科学会臨床指導医は、たった五年間に限っての免許なので更新試験に合格できなければそれで終わりです。つまり現役の矯正歯科医として一流であることを、常に証明して見せなければいけないという高いハードルがあるのです。たとえて言えば、パイロットの資格に似ているかもしれません。

このことは、患者様の治療にとても重要な意味があります。日本矯正歯科学会臨床指導医には、日々の治療に全力投球することが求められます。問診や検査の段階から、大事なことを見落とさぬよう最大限の注意を払い、一回一回の治療にも手抜きは許されません。

以上から、日本矯正歯科学会臨床指導医の治療に高い信頼が寄せられているのは、実は非常にレベルの高い更新試験が実施されているという事につきると思います。試験を受ける側にとっては正直大変つらい側面もあるのですが、治療の質を維持するためには大変優れた制度であると感じています。

もちろん、日本矯正歯科学会臨床指導医の資格をお持ちでない先生でも、立派な先生がおられることは重々承知しております。ただ、この資格を取得し、それを維持することは日々の努力の積み重ねがとても大切です。日本矯正歯科学会臨床指導医は、よい治療をすることに情熱を持ち、自らの技術を常に向上させる努力を怠らない、大変まじめな矯正歯科医であることは確かだと思います。

日本矯正歯科学会臨床指導医・指導医・認定医の区別について

日本矯正歯科専門医名鑑
http://www.nichikyosen.com/
学会のHPで資格を確認できます
http://www.jos.gr.jp/roster/

矯正歯科:洗足スクエア歯科医院
https://www.facebook.com/senzoku.dental
院長 小澤浩之
日本矯正歯科学会臨床指導医(No.198)
日本矯正歯科学会指導医(No.435)
日本矯正歯科学会認定医(No.1156)
歯学博士(歯科矯正学)